女性の学校 仕事を成功させるには? 




前回の「使命の仕事ってなに?」の中で、

店名の「○○○○○」が使命に

関係していると書きましたが、

その店名は


女性の憧れのプリンセス、

「シンデレラ」です。




店名は何にしようか、半年間

毎日のように考えていましたが、

決めきれず切羽詰まったある日、

レストランの厨房でスパゲッティを

作っている時に、「シンデレラ」

という名前が突然降りてきたのでした。




40歳を過ぎていた私は、

「余りにも乙女チックで恥ずかしい」と

思いましたが、

天から降りてきた名前なので、

迷うことなく決めました。





それから18年後、

ランジェリーショップを辞めた翌年、

自分の誕生日(1月5日)が、

シンデラレの日と知りました。

運命なんですね~~!





さて本題の、

「使命の仕事を成功させるには?」との

答えですが、当時の私は成功させるとか

失敗するとかは全く眼中になかったのです。





今考えると、成功した主な要因は

3つありました。

1. 常にお客様目線で考える

2. 素人なので、教えられた商売の

ノウハウは素直に守る

3 .働いてくれる人や取引先を大事にする




具体的には、

どうすれば、女性が喜んでくれるか、

どうすれば、ランジェリーの良さを伝えられるか、

どうすれば、お店のファンになってもらえるか、

そんなことだけを考えて店のコンセプトを

決めていました。




当時は個人がショッピングセンターで

高級ランジェリーショップを開業している

ところは無かったので、自分の直感で

全て決めていました。





周囲から反対され、

メーカーからも、

「素人がやるのは無理です」

「失敗します」などと言われ、

一流メーカーとの取引が

難しかったのです。





そんな状況でしたが、

誰が何と言っても、

絶対売れるという

根拠のない自信があり、

「どうすれば始められるか」

次の一手を考えていました。





そんな時、

船井総合研究所のコンサルタントを

紹介してくださる方がいたのです。

ランジェリーが大好きな女性コンサルの方と

一緒にメーカー周りをしました。





一人でメーカーにお願いに行った時とは

対応が全く違い、

有利な条件でメーカーとの

取引を開始することができました。


「社会とはこういうものか?」と、

色々な学びがありました。





当時はコンサルタントを付けることなど

個人では考えられなかったのですが、

勇気を出してお願いしたことが

功を奏しました。





物販では素人でしたから、

ショッピングセンターの教えで、

「一に商品、二に接客」

「お客様は神様ではない」

「お客様に絶対にノーを言わない」

この3原則を守り抜きました。





色々な方の応援のお陰で、

ランジェリーショップも、

売上日本一と言われるようになり、

メーカーからデザイナーさんが相談に

来られたり、日本全国のショップの

オーナーさんが、

「お話を聞かせてください」と

訪れる店になりました。





若い時から、美しいものが大好きで、

特にランジェリーには特別な

愛着がありました。




どんな状況になっても好きなもの、

大切なことを意識して大事にすることが

使命につながり、運が開けるのだな~と

思います。




好きなこと、使命に繋がることには、

才能が備わっているんだな~と、

実体験やクライアントさんを通じても

実感しています。





「女性を幸せにしたい」という想いが、

形は違っても現在の仕事に繋がっているので、

私の中では、天命と感じ生涯の仕事として

続けていこうと決めています。

0回の閲覧